白熱のeスポーツ

白熱のeスポーツ

今、専門学校で本格的に、勉強をするゲーマー族が増えてきています。さらに本格的になってくると、世界の舞台へと羽ばたき一流のプロとして、生計を立てる以上の収入を得ているプレーヤーまで続々と登場しています。プロゲーマーの総競技人口は、1億人を超えていると言われています。 eスポーツと一言でいっても、ジャンルは分かれており、その総額賞金額も様々です。では、一体、どのようなジャンルに、どのくらいの総額賞金が過去に出ていたのかご存知でしょうか?

高額総額賞金が出たeスポーツ

M O B A

20億円を超える総額賞金で、プレーヤをときめかせているのがこの分野。チームを組んで、マップ上の本拠地や、敵地の破壊を目指して戦い抜くゲームをこう呼びます。M O B A とは、マルチプライヤー・オンライン・バトル・アリーナの略で、主にR T Sのジャンルであると言われています。人気のあるゲームとして、Dota2や League of Legendsなどがあります。Dota2においては、約233億円以上の賞金総額が出ました。主要大会は、World Championship(世界大会)、League of Legends Japan League(日本大会) となっています。

シューターゲーム

銃で撃ち合うゲームを指します。自分視点でゲームを進行させていくゲームをF P Sと呼び、第三者視点でゲームを進行させていくのをT P Sと呼びます。C S:G Oでは総額賞金約88億円以上がでました。そのユーザー数は、現在1億人以上いると言われています。

T P S

今や知らない人はいないのがこのゲーム、F O R T N I T E。お決まりのキャラクターダンスを、サッカー選手が踊るなどで、一躍世界の人気者に。このF O R T N I T Eでは、総額賞金85億円が登場しました。その他にも、16歳の少年が賞金3億6千万円を手にしたことでも話題になりました。

R T S  

ユーザー数1千万人のR T Sで高額総額賞金を弾き出したのは、W C SのStarCraftⅡの約33億円です。2018年には18歳の少年が3000万円を手にしたことでも知られています。このゲームは戦略性が高く一人でも楽しめるゲームで、最近徐々に人気が増してきているといえます。

eスポーツ以外の高額賞金

eスポーツ以外でも、オンラインゲームのジャンルで、高額賞金を多発している種類が存在します。スロットゲームのジャックポット賞金です。ジャックポットは、運命が変わる賞金が出ることでも有名ですよね?これは、オンラインゲームのジャンルとして最近取り扱われていますが、eスポーツではありません。しかし、ネットギャンブルと呼ばれていた頃に比べて、随分とゲーム化してきました。通常各オンラインカジノでは1000種類以上のゲームが用意されているので、最近注目されている分野でもあります。

Visited 1 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ok