マーベル「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2021年)に期待すること?

スクウェア・エニックスは、マーベルコミックの世界を舞台にしたメジャーゲームの第2弾「マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を提供しています。このゲームでは、楽しいキャラクターたちと一緒に、銀河系を舞台にしたアクション満載の冒険を楽しむことができます。本作の発売を予定している方に、その魅力をご紹介します。

リニアなストーリー進行

マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーには、たくさんのキャラクターが登場し、いくつかのストーリーピースを明らかにする必要があります。このゲームでは、最初から最後まで一貫したストーリーテリングを行うために、リニアな進行を採用しています。前作のマーベル アベンジャーズと似ていますが、ガーディアンズのキャストが少なく、お互いにあまり離れていないことから、それほど細分化されていません。

終始にわたり戦闘行為が目的となるゲーム性

マーベルのゲームの多くは、ソニーの「マーベル スパイダーマン(2019年)のように、戦闘行為や対戦型ゲームになる傾向があります。「マーベル アベンジャーズ」と同じように、「マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」では、ヒーローと一度に大勢の敵と戦うモブバトルが特徴です。強力な敵とのボス戦もあります。また、異なるキャラクターを使用した場合、ゲームプレイが大きく変化します。

クラシックなキャストが勢ぞろい

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は、チームが銀河系外の冒険に出かける際に、その名簿を変えてきました。しかし、多くの人がオリジナルチームのメンバーとして認識している6つの名前と顔があります。

  • ピーター・クイル – スター・ロード
  • ガモーラ
  • ドラックス・ザ・デストロイヤー
  • ロケット・ラクーン
  • グルート
  • マンティス

スクウェア・エニックスは、マーベルのアベンジャーズのインスピレーションの多くをコミック本から得ており、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでも同じことを行っています。しかし、ジェームズ・ガン監督による同名の映画からインスピレーションを得るために、いくつかの変更を加えています。例えば、グルートのビジュアルデザインやマンティスの性格などがその例です。

楽しいストーリービート

マーベルのアベンジャーズは、カマラ・カーン(ミス・マーベル)とトニー・スターク(アイアンマン)だけが戦闘中に気の利いた発言をするという、悲しいトーンの作品でした。キャプテン・アメリカがいなくても、アベンジャーズが脅威に対処することに焦点を当てているのですから、それも当然でしょう。 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは、追い詰められない限り、リーダーであるスター・ロードに頼ることはありませんでした。往々にして、誰もが同じように楽しいコメントを残して自立しています。このサウンドトラックの選択にも、意図的に下品にしながらも、キャラクターの成長を損なうことなくゲームを進めようという意図が感じられます。このようなストーリーテリングのスタイルも、本作にインスパイアされた要素です。

同じ開発会社のマーベル アベンジャーズとの類似点

スクウェア・エニックスのマーベル アベンジャーズは、誰もが期待したほどには受け入れられませんでした。このゲームは、素晴らしいグラフィックと楽しい戦闘を備えた平凡なゲームでした。しかし、その構造には多くの人が圧倒されました。 マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは、スクウェア・エニックスが初めて試みたマーベルゲームとほぼ同じフォーマットを採用しています。今回は、ゲームの構造がよりまとまったものになり、マルチプレイヤーに依存しないものになるとのことです。しかし、どのメンバーもソーやハルクのように楽しくなるという約束を示していないため、人々はゲームプレイについて心配しています。チームの全員が熟練した戦闘員で、特にガモーラとドラックスがそうです。

Visited 3 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ok